退職者・転職者の方へ

個人型確定拠出年金に引き続き、加入される場合

個人型確定拠出年金への加入を継続できます。

  • 個人型確定拠出年金に加入されていた方が、企業型確定拠出年金のない会社に就職されたとき
  • 個人型確定拠出年金に加入されていた方が、公務員等となり共済組合員の資格を取得されたとき

⇒引き続き、個人型確定拠出年金の加入者として、掛金を拠出いただけます。

第1号加入者の方が厚生年金の適用事業所に就職された場合は、国民年金の第1号被保険者から第2号被保険者に種別が変更されます。事業主証明(事業主の方にお申し出ください)と併せ、被保険者種別変更の手続きをお取りください(受付金融機関にお申し出ください)。

また、第2号加入者の方が転職された場合や、公務員等となり共済組合員の資格を取得された場合は、事業主証明(事業主の方にお申し出ください)と併せ、登録事業所変更の手続きをお取りください(受付金融機関にお申し出ください)。

  • 個人型確定拠出年金に加入されていた方が退職し、国民年金第1号被保険者(自営業者等)または国民年金第3号被保険者(専業主婦等)になられたとき

⇒引き続き、個人型確定拠出年金の加入者として、掛金を拠出いただけます。

被保険者種別変更の手続きをお取りください(受付金融機関にお申し出ください)

ページトップへ
copyright(C) 2011 National Pension Fund Association ALL RIGHTS RESERVED.