教えて!みんなのプラン設計

Case1:東京

家のローンや医療費など、不安の尽きない老後のために。
老後は趣味を充実させたい!
50歳になった今、増口も検討中です。

山口慶子さん(50歳/独身)
職業:自営業

1口目
終身年金「A型」
保証期間ありのタイプで死亡時に遺族も安心。

ご両親が創業されたというコスメとエステの店を継ぎ、80歳前後のご両親と3人で暮らしている山口慶子さん。
国民年金基金には、制度のスタートと同時期に加入して早23年。当時、加入の決め手となったポイントや今後のお金のプランについて伺いました。

山口慶子さんのプラン設計詳細

1口目
POINT
制度のスタートと同時にA型に加入!
決め手は掛金額と安心感
万一の場合、遺族に
一時金が支給される「保証期間」
生涯にわたって
受け取れる
終身年金
A型(65歳支給開始)
15年保証付
B型(65歳支給開始) 保証期間なし

※1口目は、終身年金A型・B型のどちらかを選べます。

当時加入していた民間の保険などに比べ、掛金は決して高くはないと感じました。
また、公的な年金という安心感も手伝い、すぐに加入しましたね。

住宅ローンに医療費…自営業にお金の不安は尽きません。
老後が目前に迫る今こそ、口数を増やしたい!

自営業者がもらえる公的年金はごくわずか。そのために国民年金基金に入り、これまでの23年間は1口目のA型に加入してきましたが、老後を目前にして住宅ローンや医療費など、不安のタネは尽きません。60歳が見え始めた今だからこそ、料理やウオーキングなど老後の趣味を充実させ余暇を安心して楽しめるように、もう少し頑張って口数を増やしたいと思っているんです。こういう時、口数を自由に増減できるのはとても助かりますね。老後が目前に迫る今こそ、口数を増やしたい!

山口慶子さんのように、
「アクティブな老後に備えて増口をするプラン」を選んだ場合は…

50歳・年収525万円の女性が、誕生月に加入した場合の掛金と受取金額シミュレーション
月額掛金 年金月額
増口2口目:「確定年金 Ⅱ型」
4,405円
5,000円
増口3口目:「確定年金 Ⅱ型」
4,405円
5,000円
増口4口目:「確定年金 Ⅱ型」
4,405円
5,000円
合計
掛金の増額は…
月々13,215
年金受取金額の増額は…
月々15,000受取期間は、65歳~75歳

注目!掛金は、全額が所得控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。

一般の個人年金が最大で年額5万円(平成24年1月以降に契約した個人年金は最大で年額4万円)までしか所得控除されないのに比べても断然お得です。

課税所得金額が、525万円の方の例

  • 50歳の誕生月にII型に3口増口した場合
    増口された掛金(13,215円×12月=158,580円)について所得税と住民税の合計で
    年間48,240円軽減されます。
  • 税の軽減見込額を引いた実質年間掛金は 110,340円となります。

※所得税は復興特別所得税を含めた税率、住民税は10%として計算しています。また、軽減見込額は概算です。

他の加入者のプランを見る