加入によるメリット

加入によるメリット

国民年金基金の掛金は、将来も一定

少ない掛金・自由なプランで始められます。加入後もライフサイクルに応じて月々の掛金を増減することもできます。

掛金は、全額所得控除で税金がお得

掛金は、全額が所得控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。一般の個人年金が最大で年額4万円(平成24年1月以降に契約した個人年金)までしか所得控除されないのに比べても断然お得です。例えば、課税所得金額400万円くらいで、国民年金基金の掛金が年額30万円の場合なら、所得税・住民税の合計で約9万円軽減され、国民年金基金の掛金は、実質約21万円となります。

課税所得金額が400万円の場合の控除例※軽減額は概算であり、課税所得金額、掛金額等により異なります。

年金額が今からわかる

加入したときに将来受け取れる年金額をあらかじめ確認してからご加入いただけます。

実際、ご加入中の方々が選択したプランをご覧になりたい方はこちらから。